自律神経失調症の原因

■自律神経失調症の原因

自律神経失調症は、一見、そうみえなくても気づいたときには発症していることが多いです。

では、自律神経失調症の原因とはどういったところにあるのでしょうか。

自律神経失調症の原因をいくつかご紹介させていただきます。

原因1:ストレス過多

まず、最初にあげられるのが、ストレスでしょう。

ストレスが原因となり、自律神経が乱れ、さまざまな心的、身体的障害が起こることが多いのはよく知られております。

ストレスにも多くの要因がありますが、精神的ストレスと化学的ストレスなどいくつかのストレスに分類できます。どちらの場合にせよ、自律神経失調症の要因となるストレスに違いはないのですが、どういったストレスを抱えているかを把握した上で、対策を打っていくことは重要です。

原因2:体質や性格

これは、生まれつき、自律神経の働きが不安定だったり、バランスを崩しやすいひとがいることをさしております。

大したストレスを抱えていなかったとしても、もともと、一旦体調を崩すと長い間回復しづらかったり、冷え性や食欲不振など、細かなものでも、体調不良を起こしやすくなっており、自律神経失調症も発症しやすくなるのです。

こうした、自身の体質や性格をあらためて見直して、自律神経失調症と向き合うことも非常に重要です。