自律神経失調症に効く食事

■自律神経失調症に効く食事

自律神経失調症というと、ココロの病気というイメージが定着しております。そのため、改善していこうとした際に、どうしてもココロに目がいくものです。

しかし、自律神経失調症は、意外とカラダの不調から発症してしまうこともあるため、生活習慣、特に、食生活の見直しからはじめてみるのも有効なのです。

もちろん、生活習慣が乱れる要因も最初はココロのストレスからはじまることが多いのですが、事実として、生活習慣を見直して、それをキッカケにココロの状態を回復させていただくことも重要なのです。

基本的に、生活習慣が乱れている人は、栄養をとっているつもりで、とれていないことが多いのです。3食きちんととることはもちろんですが、食べるものの内容も見直してみることをしてみましょう。

タンパク質・脂質・ミネラル・ビタミンなどが、現代の食事では、不足しがちなので、意識的に摂取するようにしましょう。

自律神経失調症に効く食事で具体的にいえば、麦芽米や、玄米、大豆、にんじん…といったものですが、難しく考えずにバランスのよい食事を心がけるところから考えてみることをおすすめします。

炭水化物ばかりでなく、一品野菜を取り入れてみたり、果物などビタミンを多く含んだものを意識的に摂取するといった具合です。

自律神経失調症に効く栄養素を、サプリメントで摂取するのもひとつの手です。

こうした食生活を習慣化することで、改善することでしょう。